NW屋的新幹線通勤日記(3ヶ月限定名称)

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

【残り47日】新幹線通勤23日目・敢えてひかり号で帰る

(注:日付が変わってしまいましたので、残日数を修正しています。この記事は1月11日現在の記事になっています。)

 こんばんは。今日はのぞみ202号で名古屋へ向かい、帰りはひかり525号で新大阪へ戻ってきました。行きは始発直後の列車に乗ってみました。さすがに食料を購入する時間的余裕がありませんでした。そんなこともあり、今回は職場近くの喫茶店でモーニングをいただきました。(残念ながら、名古屋でよくありがちなおまけてんこ盛りのモーニングではなかったですが。(^^;)

 それはさておき、今日はひかり号で帰ってきました。金曜日の夜は新幹線が混んでいたりするんですよね。特に連休前ですから、より混んでいる印象が強いです。

 こういう場合は、博多行きや広島行きのぞみ号を避けることになります。となると、新大阪行きのぞみ号かひかり・こだま号を選択することになります。新大阪行きのぞみ号も今まで座れなかったことは全くなかったのですが、やはり不安がありました。

 ちょうど新大阪行きのぞみ号の2分後に各駅停車の新大阪行きひかり号が来ることになっていました。のぞみ号の自由席車が1~3号車までなのに対し、ひかり号は1~5号車まであります。着席確率を上げたかったことと、そこまで急いでいなかったこと。そして、確実に2人席窓際のAC電源コンセントを確保したかったこと、最大の理由は来春のシステム監査狙いで、参考書をじっくり落ち着いて読みたかったことがあります。

 結果、見事に狙い通りになりました。「金曜日の夜はひかりorこだま号で帰阪」というのは十分ありな選択だと思いました。