NW屋的日常徒然日記

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

賛否両論意見が分かれそうなAM放送存廃論

 こんばんは。23日の記事の続きになります。こちらは当該記事です。

karasuma-kitaoji.hatenablog.com

 ここで懸念事項をいくつか列挙しました。以下の通りです。

  1. ワイドFM完全移行によるサービスエリア縮小
  2. FM中継局追加コストの問題
  3. 近隣諸国との問題
  4. 災害時の公共インフラとしての問題
  5. 受信機自作が難しくなる問題
  6. 周波数帯域確保の問題

 上記の1.ですが、AMに比べるとどうしてもFMは直進性の強さ故に電波が遠くに届きづらいです。ということは、当然のことながらサービスエリアが狭くなります。在阪AM3局ですと、名古屋から瀬戸内海沿岸各都市まで電波が届くようです。これがワイドFMとなると、大幅にサービスエリアが狭くなります。生駒山からの送信ですから、会場伝搬である程度遠くには飛ぶでしょうが、さすがに大分や広島まで一般的な受信機で通常の聴取に耐える音質で聴けるかというと疑問です。

 radikoプレミアムで全国各地からノイズのない音で聴けるというメリットがあるので、このへんはどうなのか?という見方も出来ます。

 2.についてですが、AMに比べてFMは中継局数を増やさないとカバーしきれないという問題があります。広島県などがそうですね。兵庫県の場合も広いですし、県域FM局であるkiss-FMも県内に複数の中継局を設置しています。AM局であるラジオ関西は、現状では神戸(本局)と豊岡に中継局があります。一応この2局でカバー出来ている形にはなっています。しかし、FMだとそうは行かないです。現時点では神戸と姫路にありますが、県内全域をFMでカバーしようとすると、あと10局程度は中継局を設置することになるのではないでしょうか。FMへの移行が本当にコスト面的にいいのかどうかという話になりそうです。(短期的コストはかかるかもですが)

GoogleMapsが劣化したという話が気になってます

 こんばんは。昨日のAM放送廃止を総務省に要請した話の続きや、Facebookのパスワード問題についても触れて行きたいのですが、こちらのネタも気になってましたので、少し書いてみます。

www.itmedia.co.jp

 ネット上には「激しく劣化した」という声で溢れていますね。早速自分自身でも手元のiPhoneiPadのGoogleMapsや、ブラウザ版を試してみているところですが、はっきりと分かる劣化箇所を見つけ切れていません。先日用事のあった新大阪駅付近の建物を検索してみたところ、雑な表示で少々ウロウロしてしまったことを思い出しました。自宅近辺では「これだ!」というような事例を見つけ切れていません。

 事の発端はGoogleがゼンリンを切って、Googleが独自で地図をリリースしたということになります。記事にもありますように、以前Appleがやらかした独自地図の再来かと思うような出来事です。因みに、Yahoo!地図はゼンリンの地図を採用していますね。

 こうしてみると、どれか1つのアプリに頼り切らずに、複数のアプリを使うようにしておかないといけないなと感じた出来事でした。

(こちらに関しても、改めて続きを書いてみようと思います。)

民放連がAM放送廃止を総務省に要請へ

 こんにちは。今回、個人的に少々気になるニュースを目にしましたので、取り上げてみることにしました。Yahoo!ニュース(共同通信)の記事からです。

headlines.yahoo.co.jp

 民放連がAM放送廃止を総務省に要請したそうです。現状、ラジオ局自体はどこも経営難だという話が聞こえてきます。80年代あたりまではよかったのですが、テレビの深夜放送延長や、他のメディアや娯楽が増えてきたことにより、リスナー人口が減少してきたということもあるのでしょう。

 今回の要請が出てきた背景の中で最も大きな理由としては、ワイドFMが関係していそうです。電子機器が発するノイズや、高層建築物の増加によりAM放送の受信がしづらくなってきていることを鑑み、旧アナログTVの1chのうちの大部分を現AM局のFM再送信用に割り当てることになりました。既にごく一部の局を除いてワイドFMによる放送が実施されています。

 ところで、AM(正確には中波(MW)ですね)放送の送信設備、特にアンテナに関しては広大な敷地を必要とします。東日本大震災では東北放送の送信設備が被災して、一時的に使用不能に陥ったことがありました。ワイドFMが登場したのも、そのあたりの背景があります。

 実際、民放AM各局は従来のAM用送信設備とワイドFM用送信設備の両方を維持しないといけないので、コスト負担が馬鹿になりません。特に負担の大きいAM側を廃止して、コストの比較的小さいFM側に移行したいということがあるようです。

 さて、ここで問題になってくる点がいくつかあります。

  1. ワイドFM完全移行によるサービスエリア縮小
  2. FM中継局追加コストの問題
  3. 近隣諸国との問題
  4. 災害時の公共インフラとしての問題
  5. 受信機自作が難しくなる問題
  6. 周波数帯域確保の問題

 あたりがありそうです。続きを後ほど書きますので、少々お待ち下さい。(24日00:00アップを予定してます)

自販機でスマホ充電サービス都内で実験開始

 こんばんは。ダイドードリンコスマホ充電機能付き自販機の実証実験を行うというニュースがありました。神戸新聞NEXTの記事からです。

www.kobe-np.co.jp

 実証実験が行われるのは東京都内の最大10箇所を想定しているそうです。利用者が多いであろうスポットを選択して設置する模様です。自販機で飲料を買わずとも最大5分間充電可能だそうです。ただし、充電用USBケーブルは持参する必要があるとのことです。飲料の販促ではなくて、飲料自動販売機のイメージ向上だとのことです。最大のシェアを占めるコカ・コーラボトラーズに比べると、ハンデを背負っていますから、差別化して少しでも消費者に印象付けることを狙いとしているのでしょうね。

 ただ、注意しておきたいのは、可能であれば充電専用のUSBケーブルを持参するようにしたいところです。決してダイドードリンコの自販機が悪いという話ではなく、予防的意味合いもあります。USB端子が本当に充電用途のみに提供されているのかどうかは疑問を持っておいた方がいいかもしれません。今後、ダイドードリンコの自販機を真似して、USB充電を装ってスマホのデータを吸い出そうとする自販機が出て来るかもしれません。最低限の自衛策は考えておくに越したことはなさそうです。

楽天モバイルが通信と端末の分離対象外との報道

  こんばんは。今回は楽天に関する記事です。こちらは日経xTECHの記事からです。

tech.nikkeibp.co.jp

 「データ通信と端末の厳密な分離」が取りざたされていて、docomoauSoftBankの3社は端末購入代金の補助がしにくくなるようです。通信料金は下がるのかもしれませんが、端末販売価格は上昇傾向になるのは避けられなさそうです。

 さて、ここで問題になってくるのが楽天モバイルの存在です。現在はMVNOなのですが、秋口(今年10月)に第4のMNOとして参入する予定です。

 となると、普通に考えれば楽天モバイルも先行大手3社同様に「データ通信と端末の厳密な分離」という話になりそうですが、どうやら今回は対象外になりそうだというのがこの日経xTECHの記事です。

 「3大キャリアと対等に闘えるだけの体力がまだ十分にない」という総務省側の判断なのでしょう。自前通信ネットワークも全国展開出来てない(というか、10月サービス開始時点では大都市部だけなんでしょうね)という状況で同じように課したら厳しいだろうということでしょうね。

 SIMだけ購入するという層よりも、ボリュームゾーンである端末&SIM一体購入を希望する層を取り込むことを想定しているのでしょうね。利幅も期待できそうですし、継続的に使ってくれそうだから、後者を優先しようという狙いはありそうです。

 さて、10月に楽天モバイルが無事にMNOとしてのサービスイン出来るのかどうかも注目して行きたいです。

iPad mini 5ではなく、バージョンなしの「iPad mini 」になってました

 こんばんは。昨日記事を書いた後に、正式にiPad mini 4後継機が発売されるというニュースが流れたものですから、昨日の記事を取り下げず、今日の記事で追加ネタを書くことにしました。<(_ _)>

 昨日の記事はこちらです。

karasuma-kitaoji.hatenablog.com

 「?」ではなく、確定だったんですよね。既に。で、Apple Storeにも出てましたね。

iPhoneアプリで確認しました)

 詳細はこちらの記事にもありました。impressの記事です。

www.watch.impress.co.jp

 iPad mini 5なのかと思ったら、ナンバリング廃止でまさかの先祖返りw

 まぁ、別にそれはそれでいいのですが、今回はApple Pencilが使えるようになっているということと、CPUとディスプレイの性能が大幅に向上しているという点を考えると買いだなと思ってしまいます。電子書籍を読むにはiPhoneでは小さいし、持ち歩いて読むには10.5インチは少々デカいよなぁということで、7.9インチのiPad miniはちょうどいいのです。

 45,800円からと記載されていますが、これはWi-Fiタイプ64GBのようです。外での利用を考えると、ここはセルラーWi-Fiタイプでしょうね。キャリアのSIMではなく、MVNOのデータ専用SIMを挿せばコストを抑えた運用が出来ます。「スマホはキャリアのSIMを使っていても、タブレットやノートPCに関しては、MVNOのデータ通信専用SIMの方がいい」というのが持論です。

 因みに、セルラーWi-Fiタイプの価格ですが、64GBだと60,800円で、256GBだと77,800円だそうです。店頭で取り扱いを始めたらApple Storeに直接行ってみようかと画策中です。

25日にiPad mini 5発表?

 こんばんは。かねてから噂のあるiPad mini 5(仮称)ですが、いよいよ25日に発表されそうな気配です。

japanese.engadget.com

 iPad mini 5(仮称)の発売予想については、この記事以外にも複数の記事が出ていますね。金型などが情報としてリークされている状況が期待を膨らませますね。昨年9月にも出るのでは?というような話が出て、期待していたのですが、このときは結局出なかったですね。(^^;

 ということもあるのと、春はiPad新機種が出る可能性が高いという期待もありますし、iPad mini 5(仮称)とこれだけあちこちで取り上げられると、いよいよか?と期待してしまいます。iOS13で大幅に足切りされるとかいうような噂もあるだけに、iPad mini 5(仮称)への買い替えも進むのかなと思われます。

 iPad mini 4のサイズは電車内で電子書籍を読むには大きすぎず、小さすぎずなちょうどいい大きさですので、是非ともリリースしてほしいと願う昨今です。

 

(3月18日23:30補足:どうやら正式発売らしいです。>iPad mini 5(仮称) 明日改めて記事を書きます。)