NW屋的日常徒然日記

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

大学院博士前期(≒修士)課程修了者は増えてきたとはいうものの…

 こんばんは。一昨日の記事の続きになるかと思います。一昨日の記事はこちらです。

karasuma-kitaoji.hatenablog.com

 バブル崩壊前ぐらいまでは、学部卒での就職が普通で、大学院卒での就職というのは少数派でした。そもそも35年ぐらい前の大学進学率が現在の半分ほどの25%ぐらいだったと記憶しています。その中での大学院進学率ですから、数%程度になるのだと推測出来ます。修士課程を修了して、さらに博士(後期)課程に進学する人は本当に少数派になります。

 当時の記憶ですが、大学教官(私立だと教員ですが、当時はまだ法人化されていなかったので、敢えて「教官」と表現しています)として採用される際に、博士号を取得していなくても採用されるケースが理系でも見られました。修士号を取得して、助手(当時:現在は助教ですね。)に採用されるケースもありました。博士(後期)課程在学中に採用されるケースもありました。

 これらのケースは、採用後に論文の実績を積んで博士論文を書き、博士号を取得するという流れがありました。今思えば、かなり恵まれた環境でもあるようにも受け取れます。(ポスドクの惨状を考えると…)

 まぁ、それだけ大学院進学者が当時は少なかったということが分かります。

 バブル崩壊直前あたりから、徐々に院卒(修士)が増えてきて、企業が採用し始めました。(官公庁での採用はまだそこまで多くなかったような記憶があります。高卒・大卒区分だけで、大学院卒の採用区分はなかったです。)

 理系では最近は院卒(修士)でないと、研究職として認められない風になってきました。逆に理系学部卒ではしんどい雰囲気になってきましたね。

 定年が延びたから、院卒(修士:ストレートで24歳)でも遜色ないという風に考えられてきたのかもしれません。「じゃあ70歳まで定年が延びたら、博士号取得者を積極的に採用してくれるのか?」というと、そうはならないような気がしてきました。

 博士の専門性を理解して活かせる職場がもっと増えないと拙いでしょうね。まだまだ学部卒が基準なんでしょうかね。組織に所属してから、自分たちの色に染めるというようなことをまず止めることから始めないといけないのでしょうね。

 そして、研究職以外にも活躍出来るフィールドはあるはずなので、そういう場を開拓する必要はありそうです。理系だけでなく、文系の修士・博士を活用する場も同様に切り開いて行かないと拙いですね。せっかくの高度人材を活用しないと、海外へ流出してしまいそうです。

楽天モバイル(MNO)での通信障害発生

 こんばんは。博士号に関する話題や、社会人大学院進学に関する連載の続きも書きたいのですが、今日は別の話題を取り上げます。

 昨日朝8時半から3時間弱、楽天モバイル(MNO )で通信障害が発生したという話題です。こちらはITmediaの記事からです。

www.itmedia.co.jp

 この記事によると、音声・データ通信共に通信出来ない(あるいはつながりにくい)というような状況だったそうです。今回の障害の原因は現在調査中だということです。

 現状では、東京23区内・名古屋市内・大阪市内・神戸市内がサービスエリアになっています。以前、ネット上で見かけた記事ですが、サービスエリア内でも屋内に入ると電波状態が厳しくなるとか、地域によっては中心部でも電波状態が良くないというような報告がなされていた記憶があります。

 これだけは詳しいことは分かりませんが、ネットワークや基地局の問題も考えられそうですし、ローミング先のau回線でも楽天モバイルユーザーは影響を受けたとのことを考えると、やはりネットワーク側の問題なのかもしれない…と勝手に想像しています。

 この件に関しては、続報を待つしかなさそうです。もう少しウォッチしてみたいと思います。

博士号取得者を活かせないのは企業だけではないのでは…

 こんばんは。衝撃的な記事がありましたので、今回取り上げることにしました。日本系座新聞の記事からです。

r.nikkei.com

 博士号取得者がこの10年で16%減だということだそうです。しかも、主要国では博士号取得者が急増しているにも関わらず、日本だけが減少しているという現実があります。

 10年以上前の大学院重点化で定員は増えたものの、行き場(就職先)がないという問題が発生しました。ポスドクであったり、任期付助教や准教授であったりと、不安定な環境に置かれる先輩たちを見ていて、博士(後期)課程に進学せずに修士で就職してしまうのがベターだというような流れになっています。

 博士の専門性が日本企業(官公庁でもそうでしょうね。企業・官公庁以外の他の組織でもそうでしょうが)では活かせない・活かす方法論を持ち合わせていない・活かす気がないというのも大きいのでしょう。

 ストレートで博士号を取得出来たとして27歳。「新卒にしては歳喰ってる」という理由だけで弾いていることもあるでしょう。最も問題なのは、雇う側に博士号持ちが(ほとんど)いないということでしょうか。博士の持つ専門性やポテンシャルが理解出来ないから、「専門バカ」だの「お勉強は出来るんだけど、コミュニケーション能力に欠ける」とかなんとか理由をつけてお祈りしているのが現状ではないでしょうか。

 バブル崩壊前ぐらいまでは、博士どころか修士ですら持て余すような扱いだったと記憶しています。当時のボリュームゾーンは学部卒でしたし、そうなると、人事採用側が学部卒ばかりということも容易に想像出来ます。となった場合、修士・博士を評価出来ないから要らないというようなことが起き得ます。

 で、その結果が現状なわけです。非常に拙いです。資源がない国ですから、高度人材を養成しないと縮小再生産の一途でしょうね。

 ここで博士にも一律にコミュニケーション能力云々とか言わず、入社時に無駄な研修させて腐らせないように考えないといけないでしょうね。「博士の専門性をどうやって引き出すか」を真剣に考えないと、将来は暗いのではないでしょうか。

リース済みHDDをオークションに出した容疑者は常習犯だったという記事

 こんばんは。神奈川県庁でリース済みのPCを回収し、回収したPCのHDDを取り出して、オークションに出したというニュースです。このHDDに各種行政情報が記録されていたという点が問題視されました。

www.asahi.com

 オークションに出した容疑者は「入社直後から複数回やっていた」と供述しています。私物の持ち込みが禁止されていたり、IDカードや指紋認証がなされているそうです。まぁ、よくあるセキュリティ対策ですね。

 盗み出す目的で早朝に行っていたというようです。「他人の目がないところで犯行に及んだ」とあります。入退記録でこの容疑者が早朝に頻繁に出入りしているという点は不審に思われなかったのかが気になります。入室時にはチェックはあるものの、退室時にはノーチェックなんでしょうか?このあたりももう少し追ってみるようにします。

 あと、気になるのがHDD廃棄を請け負ったブロードリンクという会社の管理体制です。この容疑者の犯行に3年間気づかなかったという点もどうだったのでしょうか。

 薄給だという話もありましたし、扱いに関する不満もあったのでは?と推測しています。「こんなことしたら割に合わない」というブレーキをかけるために、適切な給与を払うというのもありそうですが、そうではないのかな?という風にも受け取れます。

 このへんも追いかけてみたい点ではあります。

配信(テレビ会議用にも?)用にWebカメラを購入

 こんばんは。神奈川県庁のHDD情報漏洩の話や、最近書けていない社会人大学院進学ネタ連載も書くつもりではいますので、もう少々お待ち下さい。m(_ _)m

 今回は昨日購入したWebカメラについて少し書いてみます。こちらです。

f:id:amagasaki820:20191208190811j:image

 ヨドバシカメラで買ってきました。複数のコミュニティの勉強会や、講演会などの配信、本会場とサテライト会場間の配信という用途を想定して購入してみました。

 勉強会や講演会などの各種イベントは、主に東京で行われることが多いです。先日の情報処理安全確保支援士会のイベント(非公開)でも、大阪サテライトに向けた配信を行いました。逆に大阪側から東京や他地域に向けた配信も必要な場面も出てきます。

 そこで、まずはミニマムな環境を整えて、配信実験を行うことを検討しています。そのためのノウハウ蓄積が必要になります。そこで、「ステレオ音声対応で、それなりに動画もライブ配信出来る手頃な機種を」という条件で選択しました。

 まずはハードウェアをということで、次に配信用のソフトウェアの選択を行うことにします。

 まだ実際に接続していませんので、使用記に関してはこれからになります。少々お待ち下さい。

(会場でのインフラ周りの話もボチボチ追加して行く予定です)

神奈川県庁でリース業者に返却したHDDが転売されるという事件

 こんばんは。行政サイドの情報漏洩事件が複数発生してますね。こちらは神奈川県庁でリース期間満了のPC(サーバ?)のHDDがそのまま転売されるという事件が起きました。朝日新聞デジタルの記事からです。

www.asahi.com

 このニュースを追っていると、神奈川県庁をdisるケースが散見されます。今回のケースでは、契約でHDD内のデータに関して情報漏洩が起きないように適切な対応を施すように取り決めがなされていたというような話です。

 となると、神奈川県庁的にはリースのPCを業者に返却した後は、その業者を信用するしかないということになります。業者が勝手にHDDを転売するなどというようなことは絶対にないと思うしかないです。となると、神奈川県庁も被害者ではあるということになります。

 HDDをオークションに横流しした社員は、過去にも同様のことをしたというような話もあります。今回の一件だけでは済んでいないのかもしれません。そう考えると、氷山の一角だという話になりそうです。

 では、ユーザーとしてはどのように防衛すべきなのでしょうか。リースの仕組み上、HDDを物理的に破壊して返却というわけにも行かないでしょうし、一旦1つずつ取り外して磁気破壊→再装着というわけにも行かないでしょう。リース契約そのものを見直さないといけないのでしょうか。

 こうしてみると、一体誰を信用すればいいのか?という話になりそうです。いくら契約書で縛っても、情報漏洩を引き起こしてしまったらどうしようもないという無力感を抱きます…。

今日はお休みします

 こんばんは。記事を書く時間がなかったものですから、今日はお休みさせていただきます。m(_ _)m

連載記事が滞っていますので、近日中に続きを書いてみる予定です。少々お待ち下さい。