NW屋的日常徒然日記

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

テレワークを推進させるにはどうすればいいかを少し考えてみる

 こんばんは。ここ最近、書きたい大きなネタが転がっています。楽天モバイルに技術情報を持ち込んだと見られている元SoftBank社員の話や、audocomoSoftBankの新プランに対抗して出してきた新プラン「povo」に対する武田総務相の的外れなコメント等々、いろいろ書きたいことはあります。(後日書いてみる予定にしてはいます)

 今回はテレワーク関連のネタを少々。以下は日本経済新聞の記事からです。

www.nikkei.com

 西村経済再生担当大臣が「テレワーク7割実施」というようなことを仰ってました。しかし、今回の緊急事態宣言再発出後の状況を見ると、どうもテレワーク実施率はさほど高くないような印象です。朝夕の通勤電車の混雑度を見ている限り、緊急事態宣言発出前後でほとんど変わってない印象です。

 もちろん、テレワークが出来ない職種の方々がおられることは重々承知しております。そういった方々が通勤する際に、少しでも肉体的・精神的負担の軽減は必要であると考えます。テレワーク可能な方々は移行することで、通勤電車の混雑率の低下に結びつくと信じています。

 さて、政府が推奨してもテレワークがなかなか進まないのは、管理職や経営陣が首を縦に振らないことに起因しています。「仕事は対面でないといけない」「セキュリティが担保出来ないからダメ」「セキュリティ事故が起きたら責任取れないからダメ」「ネットワーク機器の増強が必要で予算がないからダメ」とか、とにかく出来ない理由を見つけてきてやらないようにするという傾向はありますよね。

 後ろ向きな組織も多いのですが、この記事によると、通信費や電気代などの費用の一部を所得税の課税対象から外すとあります。個人に対するメリットだけでなく、法人に対してもテレワークを導入した場合に税制面での優遇措置があってもいいかと思います。ネットワーク機器新規導入に対する補助や、機器更新時にかかった費用の一部を経費として認めるなどはありかと考えます。テレワーク導入時に技術面において不安のある法人に対しては、情報セキュリティに関する専門家による指導を受けられるようにするのも一案かと考えます。

 テレワーク推進によるメリットを示すと共に、経営陣のセキュリティ面的不安を取り除くなど、「出来ない理由を徹底的に潰しに行く」という姿勢が政府に求められているのではないでしょうか。

福岡県で感染者情報9500人分漏洩事故発生

 こんばんは。今回は福岡県で発生した情報漏洩事故に関して書いてみることにします。こちらは cybersecurity-jp.com からの記事です。

cybersecurity-jp.com

 他の記事も読んでみたのですが、どうもGoogle Drive の設定に問題があったのではないかと言われています。こちらは朝日新聞の記事からです。

digital.asahi.com

 URLさえ分かれば誰でも閲覧可能状態になっていたようです。このへんが大きな問題ではないでしょうか。「ファイル共有が困難だ」「ならば、外部サービスのGoogle Driveを使えばいいのではないか?」「お!使えるやん♪」みたいな流れで利用されていたのでしょう。(推測)

 しかし、制限をかけていなかった(あるいは、そこまで発想が及ばなかった)ために、ガバガバな状態で使用していたのでしょう。で、気づいたら情報漏洩…という最悪の展開だったということになります。

 これも典型的なシャドーITですよね。LGWAN周りをガチガチに縛って、実務においてかなり使い勝手の悪い代物になてしまった故の結果なのでしょう。

 今回の結果を受けて、朝日新聞の記事では「これからFAXや電話でやり取りする」と書かれていました。「先祖返りしてどうするんだ?」とツッコミを入れたくなります。

 「危ないからなんでもかんでも禁止」という考え方が最も害悪だと思います。「危ないから」で思考停止ていると、何も出来ませんし、生産性も大きく低下します。再発防止策は決して電話やFAXを使うことではないでしょう。電話でもFAXでも漏洩事故は起き得ます。今回のGoogle Driveでも個人向けのサービスを利用していた可能性はあります。そうではなく、きちんと法人向けサービスを契約して、適切なアクセス権が管理できるような環境を整えて運用することが大事だと考えます。

 そういう方向に発想を切り替えてほしいものです。>福岡県

 

どうなんでしょうね?デジタル庁人材募集

 こんばんは。今回はデジタル庁人材募集について取り上げてみます。デジタル庁(仮称)のページです。

recruitment.digital.go.jp

 (仮称)とのことなので、正式名称は変更になる可能性があります。それはさておき、自分に関係しそうな職種に関してですが、ざっと目を通してみました。

 感想ですが、「これで政府が望む人材が採用出来るんだろうか???」という懸念が頭を過っています。かなり高い要求スペックを提示していますが、年収提示も見当たらず、非常勤で令和3年4月1日~12月31日までとなっています。(その後、延長もあるかも?的な記述はありますが…)

 勤務日数に関しても、「1週間あたり3日を超えない範囲でかつ1日7時間45分を超えない範囲内」というのが副業前提だろうというのは容易に想像出来ます。しかし、これだけのハイスペック人材が都合よく現れるのか???という点も気になります。

 それなりの報酬は提示しないと厳しいでしょうし、任期満了後どうするのか?という点も不透明ですね。「都合よくハイスペック人材を使い捨てるんじゃないか?」という懸念もあります。思い切った人材採用を断行するには、給与面を含めた待遇で常勤職員とのバランスを無視するぐらいの思い切ったことが出来ないと厳しいのではないでしょうか。

楽天モバイルを装った(!?)SMSがやってきた

 新年あけましておめでとうございます。昨年同様、本年も宜しくお願いいたします。年末年始は割と大人しくしていました。そうこうしているうちに、三が日もそろそろ終わろうとしています。

 この年末年始で特に大きなIT系ニュースはなかった印象です。個人的お話になりますが、楽天モバイルから「パートナー回線のデータ通信容量5GBを使い切りました」というSMSが届きました。正月2日に。さすがに2日で5GB使い切るような使い方はしてませんでしたので、「???」状態でした。

 ただ、これがRakuten Link経由ではなく、iPhone「メッセージ」アプリに届きました。ここに違和感がありました。通常、楽天モバイルから案内が来る場合は、Rakuten Linkアプリ内のチャットに届きます。なのに、通常のSMSである「メッセージ」アプリ側に届くことに「怪しい…」と感じました。早速削除してしまいましたので、ここに載せることは出来ませんでした。<(_ _)>

 いろいろと調べてみたのですが、同様の経験をされている方がおられないので、詐欺なのかどうかが確証が持てませんでした。もし、同様の経験をお持ちの方がおられましたらコメントいただけますと幸いです。<(_ _)>

今年もたいへん御世話になりました

 こんばんは。今年もあと2時間ほどになってしまいました。この1年「NW屋的日常徒然日記」にお付き合いいただきありがとうございました。更新頻度が週1〜2回程度のペースになっておりますが、身辺が落ち着きましたら、もう少し頻度を上げて行くつもりでおります。

 本年同様、来年も「NW屋的日常徒然日記」を宜しくお願いいたします。

ahamoとSoftBank on LINEが楽天モバイルとMVNOに落とす影(1)

 こんばんは。先日、SoftBankが新料金プラン「SoftBank on LINE」を発表しました。同時に傘下のLINEモバイルを100%子会社化するという発表も合わせてありました。

 これを踏まえて、楽天モバイルMVNO各社がどうやって生き延びて行くのか?という点が気になってきました。このあたりに関して書かれていた記事がありました。engadget 日本版の記事からです。

japanese.engadget.com

 docomoが出してきたahamoと、SoftBankが出したSoftBank on LINEですが、事実上のサブブランド扱いのプランですね。料金も両者共2,980円で20GB。家族割適用外等、いろいろ似通った点が多いです。

 さて、こうなってくると、先に「2980円自社回線無制限」を打ち出してきた楽天モバイルがどうするのか、何か次の一手を出してくるのか?という点が気になります。

 そして、最大の問題はMVNO各社でしょうか。一般的なラインとして、データ通信3GB音声対応SIMで1,680円が相場とされてきました。対抗策として日本通信が1,980円でデータ通信16GB音声対応というプランを出してきました。IIJmioがデータ通信3GB音声SIMが6ヶ月間500円というキャンペーンを打ち出してきました。危機感の表れでしょうか。

 3大キャリアが単純に料金値下げを仕掛けてくると、特に体力的に厳しい中小MVNO各社は事業撤退に追い込まれることは目に見えています。ここで総務省MVNO各社への接続料金値下げを3大キャリアに指導する流れになるのでしょうか。

 そうだとしても、3大キャリアとMVNO各社の料金差が小さければ、前者に靡くケースも増えてきそうです。楽天モバイルに関しても同様のことが言えるかもしれません。

 こうなってくると、一体どうやって差別化すればいいのでしょうか。

 答えの一つとして、「(スマホの)メイン回線を狙わない」じゃないでしょうか。こうなってくると、各ユーザーのメイン回線としての契約を確保するのは厳しくなってくることが予想されます。ならば、サブ回線としてeSIMで使ってもらうとか、別の安いスマホで使ってもらうことも考えられます。

 さらに言うなら、タブレットLTE対応ノートPCでの利用に活路を見出すのはどうでしょうか。これらの機器で音声通話を必要としないわけですから、5分かけ放題は不要ですね。これらの機器での利用に2980円は高いと感じるユーザーは少なくないと見ています。スマホテザリングでは不便+両方のバッテリーの心配をする必要があるので、これらの機器にデータ通信専用SIMを挿して使うことをアピールすれば可能性はありそうです。

 このへんをもう少し考察してみようと考えていますので、続きは後日書く予定です。<(_ _)>

DNS温泉番外編in大阪が昨日開催されました

 こんばんは。昨日、DNS温泉番外編in大阪が開催されました。正確には「大阪」ではなく、尼崎なのですが。(^^;

(便宜上「大阪」としていた面はありました。開催場所が確定していない時点で「大阪」と名乗ったこともありました。(^^; 「市外局番が06なんだし、『大阪』でもいいんじゃないか?」ということで押し切りましたがw)

 ということで、昨日の勉強会では司会進行(MC)を務めました。オンライン配信開始までがいろいろたいへんだったのですが、午前の部のプログラムを大幅にすっ飛ばして、午後の部への影響を最小限に抑え込むことが出来ました。

 登壇された方が公開されている資料のURLや、もう少し詳しいお話は次回以降にさせていただきます。

 運営側にいたことで、「とりあえず無事に終わった」という安堵感からぐったりしてます。(^^;

 ひとまず今晩はTwitter上でのツイートを追いかけてみることにします。<(_ _)>