NW屋的日常徒然日記

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

偽00000JAPANを見分けるためにどう告知すればいいかを考えてみる

 こんばんは。今回はショートバージョンの記事です。(23日のインフラ勉強会オフラインイベントでぐったりしてる状態が続いています。(^^;)

 インフラ勉強会オフラインイベントインフラ勉強会オフラインイベントに関する詳細記事は明日明後日のうちには書く予定でいます。少々お待ち下さい。(もしかしたら2日に跨るかも)

 さて、今日の本題です。大阪北部地震の影響で、茨木・高槻・枚方周辺で被災した家屋等が多かったようです。昨日の時点で電気・ガス・水道も復旧したようなニュース記事を見かけた記憶があります。

 地震発生当日から数日間は災害用Wi-Fiが無料開放していたとのことです。確か東日本大震災以降、SSIDが00000JAPANである無線LANアクセスポイントに無料で接続出来るようになりました。実際に使う場合、このSSIDを無条件に信用していいのかどうかという議論が出てきそうです。総務省ガイドラインこちらにあります。

 「無料で開放しますよ」と言われても、この無線APが信用に値する代物かどうかを判断するにはどうすればいいのでしょうか?「近くでこっそり同じSSIDの偽APが出てきたらどうやって判断すればいいのか?」という問題が残ります。「誰でも使える」ということは、普通に考えると認証なしでしょう。キーの問題もありますから、無線区間の暗号化もされないでしょう。(WPA2で暗号化していたとしても、事前共有鍵でパスワードを公開していれば、ほとんど意味はありませんね…。)

 被災地では、とりあえずつないでみて判断するしかなさそうですね。「どこに気を付けるか?」ということになると、00000JAPANでの無線LANを開放しているエリアでは看板を掲げるようにというのが総務省の指導のようです。看板を見つけることが出来ればいいのですが(それでも本当かどうかは信用出来ないでしょうが)、そうでない場合はとりあえずDHCPIPアドレスを払い出してもらって、DNSサーバの値を確認してみるとか、コマンドラインが使えるツール等があれば、それを使って有名どころのサイトのIPアドレスを確認するとかでしょうか?うーん、どうも心許ないです。

 以下はimpressの記事からです。こちらにも偽APについての判断基準等が書かれています。

偽の「00000JAPAN」Wi-Fiアクセスポイントに念のため注意 -INTERNET Watch

 これだけでなく、VPNソフトを使って接続する等の無線区間の盗聴対策も必要かと思います。(もちろん、正当な無線APに接続している前提ですが)

 

 ということで、今後00000JAPANを使うような場面に遭遇した場合は十分御注意下さい。

【weekend edition】インフラ勉強会オフラインイベント大阪会場の様子を近日レポします

 こんばんは。本来なら、今日の【weekend edition】でインフラ勉強会オフラインイベント大阪会場の様子を書いてみようと思っていました。書こうと思っていました。

 残念ながら、思うように身体が動かなかったものですから、今日は書けませんでした。いや、もう完全に昨夜から放心状態でした。全てエネルギーを出し切ったということもありますので。(^^;

 明日以降のどこかで今回のイベントについて書いてみるつもりです。イベント終了後、東京/大阪を問わず参加者と思しき方々のブログを読んでみましたが、大阪会場側の記事を見かけませんでした。なので、こちらで書いてみます。少々お待ち下さい。

 ということで、申し訳ありませんが予告記事ということで失礼します。<(_ _)>

【weekend edition】本日は書けるかどうか分かりませんが…

 おはようございます。ここしばらくバタバタする日が続きそうです。(現在進行形)

今日はオンラインコミュニティ「インフラ勉強会」のオフラインイベントがあります。私も大阪会場側の運営で司会進行を担当する関係上、書く余裕がないかもしれません。このあたりは後日書く予定ですので、少々お待ち下さい。<(_ _)>

 それでは、この後準備にかかります。

論文区分午後1の「(自分にとって)越えられない壁」突破のために他者の力を借りる

 こんばんは。昨日のショックがでかくて(その代わり、ブログを読んでいただいたようで、PVが増えているのは素直に嬉しいです)、なかなかキーボードを叩く気力がなかったりしてました。

 反省に関しては、機会を見つけて別途行ってみる予定です。ここでは「独学以外の方法論はないものか?」という視点で、大手を中心に情報処理技術者試験対策の学校・教育機関について調べてみました。

 定番どころですが、TAC、大原、ITECの3社について調べてみました。まずはTACから。

www.tac-school.co.jp

 ITパスポート・情報セキュリティマネジメント試験・基本情報技術者試験応用情報技術者試験あたりまでは教室講座もあるんですよね。これが高度試験や情報処理安全確保支援士試験になると、Web講座やDVD通信講座になってしまうんですよね。対面でやるとしても、受講生のレベルはそこそこ高くなりますし、きちんと教えられる講師の質という問題も出てきます。費用対効果の面で、高度試験や情報処理安全確保支援士試験の教室講座は厳しいのでしょうねぇ。

 続いて大原です。

www.o-hara.ac.jp

 こちらもITパスポート・情報セキュリティマネジメント試験・基本情報技術者試験あたりまでは教室通学コースはあるようです。応用情報技術者試験になると、Web通信と映像通学になるようですね。高度試験や情報処理安全確保支援士試験になると、Web通信一択になるようです。

 高度試験になると、なかなか対面で授業というわけには行かないですよね。仮に出来たとしても東京限定になりそうですね。人口的問題もありますよね。他地域だと厳しいですよね。難しい問題です。

 最後にITECです。通信教育は各区分あります。セミナーについて調べてみました。

www.itec.co.jp

 基本情報技術者試験応用情報技術者試験だけでなく、各高度試験・情報処理安全確保支援士試験にも対応してますね。ただ、3回限定なコースが多いのはやむなしでしょうか。高度試験で対面となると、ITEC一択になってしまうようですね。残念なのは、東京会場のみだという点でしょうか。大阪ではペイしないんだろうなというのは容易に想像がつきます。講師が東京在住だった場合は、大阪までの往復の旅費や宿泊費がプラスオンされます。受講生がある程度集まらないとペイしないので、リスク大ということになりますよね。難しい問題ではあります。

 こうなると、大阪ではWeb通信講座が現実的なんだろうなと思う昨今です。

 

 

【情報処理技術者試験】システム監査午後1敗退でした

 こんばんは。小さいものの余震があり、まだまだ予断を許さない状況である大阪です。

 さて、6月20日情報処理技術者試験の合格発表がありました。既に5月には基本情報技術者試験(以下:FE)と情報セキュリティマネジメント試験(以下:SG)試験の合格発表がありました。

 昨日(日付が変わってますので)発表があったのは、応用情報技術者試験(以下:AP)と高度試験(以下:高度(各試験ごとの略称を使います))と情報処理安全確保支援士試験(以下:SC)の発表がありました。

 発表は正午でしたので、受験番号とパスワードが書かれた紙(受験票から切り離したもの)を用意しました。しかし、発表直後は混み合うんですよね。毎度のことですが。

 リロードを繰り返したものの、なかなかつながらず、ようやくつながりました。その結果、待ち受けていたものは…

     「不 合 格」の3文字…

 泣けてきました。orz

 午前2はギリギリ60店でクリア出来ていることは分かっていたので、そこは心配してませんでした。午後1も昨年以上の感触はありました。昨年は58点だったので、「これは行ける!」という自信があっただけにショックは大きかったです。

 なかなか午後2(論文)採点までたどりつきません。ここで諦めるわけには行きません。なんとかシステム監査は合格したいです。誰かに教えを乞うor学校に行く?ということになるのかなと思案中です。NW合格時はITECさんの「土曜塾」を受けて突破しました。もう13年ほど前の話になります。当時は7~8%の合格率で、周囲に誰も合格者がいない状態で挑みました。どうしようもなかったのと、どうしてもNWは合格したいという意識がありましたので、隔週で大阪から東京に通いました。その甲斐あってなんとか合格出来ましたが。(^^;

 私自身は不合格でしたが、AP・SC・PM・AU・ES合格された皆様おめでとうございます!昨夜はゆっくり過ごされたことかと思います。そして、今回不合格だった方々も秋に向けて頑張りましょう!下を向いていても仕方ないですから、前を向いて行きましょう。(自分に言い聞かせてますが)

【大阪北部地震】モバイル面的視点で捉えてみる

 こんばんは。(日付が変わりましたので)一昨日発生した大阪北部地震に関連した形での記事が続くことになるかもしれませんが、しばらくお付き合い下さい。

 地震発生後、駅コンコースなどに人が溢れていました。いつ動き出すのかを気にして、電光掲示板やディスプレイをじっと見つめる人、職場に送れるという連絡をするために電話している人、情報収集のためにスマホをいじる人、長期戦を覚悟して座り込む人、イチかバチかでタクシー乗り場に並ぶ人等々…。

 この状態がいつまで続くのか分からないというのは不安ですよね。職場最寄駅な人、自宅最寄駅な人、職場と自宅の中間で降ろされてしまった人。様々なのですが、深刻なのはスマホタブレット(中にはPCを使う人も)のバッテリーです。職場や自宅や家族の携帯電話に電話したり、LINEで連絡を取ったり、TwitterFacebookで連絡を取ったりといろいろしていると、バッテリーも心許なくなってきます。しかし、AC電源コンセントを整備しているカフェは早々に満員になっています。コンビニのモバイルバッテリーや乾電池式充電器も品薄になっています。

 そうなってくると、肝心なときにバッテリー切れを起こしてしまう恐れもあります。こういう場面を想定してか、関西大学社会安全学部の学生さんがボランティアでJR高槻駅前で携帯電話充電サービスを行っていました。

matome.naver.jp

 こういうアイデアは今まで見た記憶がありません。それだけスマホが浸透しているということの表れでもあるんでしょうね。目の付け所がいいなと感心してしまいました。(「もしかして、発電機はYAMAHA?」という点がふと気になったのは秘密ですw)

 ボランティアにもいろんな形があっていいと思います。今後、新しい形のボランティアが出てきそうです。「自分の出来ることを無理のない範囲でやる」というのがコツなのかなと思ったニュースでした。

【大阪北部地震】無事でした<(_ _)>

 こんばんは。昨日7:58頃、大阪府北部が震源地震が発生しました。こちらは震度5弱ということだったのですが、かなり大きく揺れた印象がありました。ちょうど最寄駅で電車に乗ろうとホームに行こうとしたところで地震に遭遇しました。5秒ほどだったかとは思いますが、激しい揺れで足が震えて立っていられませんでした。本当に腰が抜けそうになってしまいました。

 揺れてる最中、23年前の阪神大震災の悪夢が蘇ってきました。顔面蒼白、心臓の鼓動は激しくなる…。とにかく動けませんでした。ホームで電車を待とうとすると、「駅コンコースまで上がって来て下さい」とのアナウンスがありました。緊急避難ということもあり、駅員の誘導に従い、改札を出てコンコースでしばらく待つことにしました。

 昨日はずっと京阪神地区周辺JR各路線は運休で復旧の目途が立たない状態でした。阪急・阪神・京阪・近鉄・南海も地震発生後しばらく運休のままでした。復旧の見込みも見えず、最寄駅で身動き取れないままでした。結局は出勤出来なかったのですけどね。

 諸々詳しいお話は明日以降に書いてみます。地震発生に備えた対策などについてもいろいろ書く予定にしてます。少々お待ち下さい。