NW屋的日常徒然日記

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

論文区分午後1の「(自分にとって)越えられない壁」突破のために他者の力を借りる

 こんばんは。昨日のショックがでかくて(その代わり、ブログを読んでいただいたようで、PVが増えているのは素直に嬉しいです)、なかなかキーボードを叩く気力がなかったりしてました。

 反省に関しては、機会を見つけて別途行ってみる予定です。ここでは「独学以外の方法論はないものか?」という視点で、大手を中心に情報処理技術者試験対策の学校・教育機関について調べてみました。

 定番どころですが、TAC、大原、ITECの3社について調べてみました。まずはTACから。

www.tac-school.co.jp

 ITパスポート・情報セキュリティマネジメント試験・基本情報技術者試験応用情報技術者試験あたりまでは教室講座もあるんですよね。これが高度試験や情報処理安全確保支援士試験になると、Web講座やDVD通信講座になってしまうんですよね。対面でやるとしても、受講生のレベルはそこそこ高くなりますし、きちんと教えられる講師の質という問題も出てきます。費用対効果の面で、高度試験や情報処理安全確保支援士試験の教室講座は厳しいのでしょうねぇ。

 続いて大原です。

www.o-hara.ac.jp

 こちらもITパスポート・情報セキュリティマネジメント試験・基本情報技術者試験あたりまでは教室通学コースはあるようです。応用情報技術者試験になると、Web通信と映像通学になるようですね。高度試験や情報処理安全確保支援士試験になると、Web通信一択になるようです。

 高度試験になると、なかなか対面で授業というわけには行かないですよね。仮に出来たとしても東京限定になりそうですね。人口的問題もありますよね。他地域だと厳しいですよね。難しい問題です。

 最後にITECです。通信教育は各区分あります。セミナーについて調べてみました。

www.itec.co.jp

 基本情報技術者試験応用情報技術者試験だけでなく、各高度試験・情報処理安全確保支援士試験にも対応してますね。ただ、3回限定なコースが多いのはやむなしでしょうか。高度試験で対面となると、ITEC一択になってしまうようですね。残念なのは、東京会場のみだという点でしょうか。大阪ではペイしないんだろうなというのは容易に想像がつきます。講師が東京在住だった場合は、大阪までの往復の旅費や宿泊費がプラスオンされます。受講生がある程度集まらないとペイしないので、リスク大ということになりますよね。難しい問題ではあります。

 こうなると、大阪ではWeb通信講座が現実的なんだろうなと思う昨今です。

 

 

【情報処理技術者試験】システム監査午後1敗退でした

 こんばんは。小さいものの余震があり、まだまだ予断を許さない状況である大阪です。

 さて、6月20日情報処理技術者試験の合格発表がありました。既に5月には基本情報技術者試験(以下:FE)と情報セキュリティマネジメント試験(以下:SG)試験の合格発表がありました。

 昨日(日付が変わってますので)発表があったのは、応用情報技術者試験(以下:AP)と高度試験(以下:高度(各試験ごとの略称を使います))と情報処理安全確保支援士試験(以下:SC)の発表がありました。

 発表は正午でしたので、受験番号とパスワードが書かれた紙(受験票から切り離したもの)を用意しました。しかし、発表直後は混み合うんですよね。毎度のことですが。

 リロードを繰り返したものの、なかなかつながらず、ようやくつながりました。その結果、待ち受けていたものは…

     「不 合 格」の3文字…

 泣けてきました。orz

 午前2はギリギリ60店でクリア出来ていることは分かっていたので、そこは心配してませんでした。午後1も昨年以上の感触はありました。昨年は58点だったので、「これは行ける!」という自信があっただけにショックは大きかったです。

 なかなか午後2(論文)採点までたどりつきません。ここで諦めるわけには行きません。なんとかシステム監査は合格したいです。誰かに教えを乞うor学校に行く?ということになるのかなと思案中です。NW合格時はITECさんの「土曜塾」を受けて突破しました。もう13年ほど前の話になります。当時は7~8%の合格率で、周囲に誰も合格者がいない状態で挑みました。どうしようもなかったのと、どうしてもNWは合格したいという意識がありましたので、隔週で大阪から東京に通いました。その甲斐あってなんとか合格出来ましたが。(^^;

 私自身は不合格でしたが、AP・SC・PM・AU・ES合格された皆様おめでとうございます!昨夜はゆっくり過ごされたことかと思います。そして、今回不合格だった方々も秋に向けて頑張りましょう!下を向いていても仕方ないですから、前を向いて行きましょう。(自分に言い聞かせてますが)

【大阪北部地震】モバイル面的視点で捉えてみる

 こんばんは。(日付が変わりましたので)一昨日発生した大阪北部地震に関連した形での記事が続くことになるかもしれませんが、しばらくお付き合い下さい。

 地震発生後、駅コンコースなどに人が溢れていました。いつ動き出すのかを気にして、電光掲示板やディスプレイをじっと見つめる人、職場に送れるという連絡をするために電話している人、情報収集のためにスマホをいじる人、長期戦を覚悟して座り込む人、イチかバチかでタクシー乗り場に並ぶ人等々…。

 この状態がいつまで続くのか分からないというのは不安ですよね。職場最寄駅な人、自宅最寄駅な人、職場と自宅の中間で降ろされてしまった人。様々なのですが、深刻なのはスマホタブレット(中にはPCを使う人も)のバッテリーです。職場や自宅や家族の携帯電話に電話したり、LINEで連絡を取ったり、TwitterFacebookで連絡を取ったりといろいろしていると、バッテリーも心許なくなってきます。しかし、AC電源コンセントを整備しているカフェは早々に満員になっています。コンビニのモバイルバッテリーや乾電池式充電器も品薄になっています。

 そうなってくると、肝心なときにバッテリー切れを起こしてしまう恐れもあります。こういう場面を想定してか、関西大学社会安全学部の学生さんがボランティアでJR高槻駅前で携帯電話充電サービスを行っていました。

matome.naver.jp

 こういうアイデアは今まで見た記憶がありません。それだけスマホが浸透しているということの表れでもあるんでしょうね。目の付け所がいいなと感心してしまいました。(「もしかして、発電機はYAMAHA?」という点がふと気になったのは秘密ですw)

 ボランティアにもいろんな形があっていいと思います。今後、新しい形のボランティアが出てきそうです。「自分の出来ることを無理のない範囲でやる」というのがコツなのかなと思ったニュースでした。

【大阪北部地震】無事でした<(_ _)>

 こんばんは。昨日7:58頃、大阪府北部が震源地震が発生しました。こちらは震度5弱ということだったのですが、かなり大きく揺れた印象がありました。ちょうど最寄駅で電車に乗ろうとホームに行こうとしたところで地震に遭遇しました。5秒ほどだったかとは思いますが、激しい揺れで足が震えて立っていられませんでした。本当に腰が抜けそうになってしまいました。

 揺れてる最中、23年前の阪神大震災の悪夢が蘇ってきました。顔面蒼白、心臓の鼓動は激しくなる…。とにかく動けませんでした。ホームで電車を待とうとすると、「駅コンコースまで上がって来て下さい」とのアナウンスがありました。緊急避難ということもあり、駅員の誘導に従い、改札を出てコンコースでしばらく待つことにしました。

 昨日はずっと京阪神地区周辺JR各路線は運休で復旧の目途が立たない状態でした。阪急・阪神・京阪・近鉄・南海も地震発生後しばらく運休のままでした。復旧の見込みも見えず、最寄駅で身動き取れないままでした。結局は出勤出来なかったのですけどね。

 諸々詳しいお話は明日以降に書いてみます。地震発生に備えた対策などについてもいろいろ書く予定にしてます。少々お待ち下さい。

coinhiveについて記事等を追ってみているところです

 こんばんは。今日(日付が変わったので昨日ですね)は新卒で就職した職場で御世話になった先生の米寿祝いがあったもので、京都まで出かけてました。このへんのお話は今週末の【weekend edition】ででも書いてみる予定です。

 さて、今日のネタですが、個人的に気になっているcoinhiveです。「土日で調べてみる」と言いつつ、まだ追い切れてません。<(_ _)>

 まず気になっているのは、coinhive関連で逮捕されている事例が複数ありましたが、逮捕に至るには違和感があります。

www.itmedia.co.jp

coinpost.jp

 「ユーザの了解を得ていないのに、マイニングツールを設置すると犯罪となる可能性がある」という警察庁の見解です。

 警察庁の主張は無理筋ではないかと私も思っています。「ネット広告もユーザの了解を得てないので、これもアウトなのか?」という話になるというのは、他の方々も主張されています。今回、複数の逮捕事例についても、根拠がざっくりとした印象で、解釈が警察の胸先三寸で決まってしまうのでは?という不安があります。解釈が定まる前に各県警が勇み足になってしまった印象があります。強引な捜査が行われていたというようなブログ記事やツイートを見かけます。もやもやっとした違和感の正体をもう少し追いかけてみることにします。(掘り下げ方が甘くてすみません。)

【weekend edition】阪神百貨店地下のスナックパークに行ってきた

 こんばんは。6月に入って新装開店した阪神百貨店地下のスナックパークに行ってきました。いやぁ、本当に待ち遠しかったです。先代のスナックパークが惜しまれつつ閉店になってしまったこともあって、「リーズナブルかつ手軽に小腹を満たせるスポット」が消えてしまったわけですから。

 建て替え第一弾エリアの地下に出来ています。昔に比べておしゃれな感じが前面に押し出されています。因みに2015年までの建て替え前のスナックパークは以下のような感じでした。手際よく小腹を埋めるには最適なラインナップだったと思います。以下は阪神百貨店のWebサイトの記事です。前身のおやつセンターからすると、46年経過しているんですね。

www.hanshin-dept.jp

 そして、満を持して今月1日からリニューアルオープンしたスナックパークの様子がこちらです。eoグルメの記事からです。

立ち飲みの聖地に進化した阪神百貨店「スナックパーク」を全店紹介!|関西グルメスクープ|eoグルメ

(埋め込みにしようとしたら文字化けしましたorz)

 今回は「魚がし日本一」に行ってきました。立ち食いであることを除けば、普通の寿司店となんら変わりありません。2人でたらふく食べて2500円ほどでしたから、たいへんリーズナブルです。15:00以降だとアルコールもあるので、「ちょっと一杯」な向きにもお勧めです。

 隣の「焼きスパ&ワイン ROMA-KEN」も気になりますが、これは次回行ってみる予定にしてます。

 梅田にお寄りの際は、是非一度新スナックパークに足を運んでみて下さい。

 

【weekend edition 】父の日用ギフト

 こんばんは。coinhiveの話がいろいろ出てきていてます。何か書けるように追いかけていますが、追い切れてません。この土日で記事に目を通してみます。

 さて、今日は【weekend edition 】ということで、ITネタから離れてみることにします。

 明日は父の日ということで、先週末にうめだ阪急地下2階食料品売場の缶詰バーに行ってきました。ちょうど父の日向けギフトを扱っていました。で、以下の缶詰詰め合わせを送って(配達依頼をかけて)おきました。

f:id:amagasaki820:20180616002637j:image

  缶詰バーは店で売ってる缶詰を選んで、それを肴に酒(各種)をその場で呑むというのがメインなんですが、普通に持ち帰りでの購入も可です。さらに、今回のように贈答品としての取り扱いもあります。今回は父の日用ギフトなんですが、酒の肴にというだけでなく、様々な用途への対応も相談に乗ってくれます。この写真のセレクトはご飯のお供を基準にしました。店には詰め合わせサンプルを置いていますが、その通りにする必要はなく、カスタマイズ可能です。スタッフの方に相談出来ますので、用途に合った缶詰をチョイス出来ます。

 ここは珍しい缶詰が多いのでいいんですよね。ここに映っているだし巻き以外にも、たこ焼きや鯛めしの缶詰などもあります。変わり缶詰以外にも、定番の鯖水煮缶や味噌煮缶もあります。石巻産のさんまの水煮缶は愛用してますし、鰻の蒲焼缶も置いていたりします。

 こんなことを書いていると、缶詰バーに行ってみたくなりました。(^^;