NW屋的新幹線通勤日記(3ヶ月限定名称)

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

【weekend edition】文章の読み書きが怪しくなったと思ったらメンタル不調のサイン

 おはようございます。今回は文章の読み書きの調子とメンタルの話をします。

 メンタル不調のサインというのはいろんな場面で現れることがあります。うっかり見過ごして放置していると、手遅れになってしまうこともあり得ます。

 そこで、イエローシグナルのうちに察知して、セルフケアでなんとかレッドシグナル点灯を回避することを考えてみることにしました。

 いろいろな判断基準がありそうですが。個人的に気づいた点としては、以下の通りです。

 

・今まで普通に読んでいた新聞や雑誌に目を通そうと思えなくなる

・目を通したとしても、文字が泳いでしまい、流れてしまう

・ブログやツイートの内容に整合性がなくなる、又は説明不足に

・そもそも書きたくなくなる

 

 文章を推敲するにしても、それなりのエネルギーが必要になります。そこが欠落すると、どうしても文章が普段に比べて出来が悪くなってしまいます。一旦書いてみて、後で眺めると「普段と違うな」という点が出てきたら、それは立派なイエローシグナルです。その時は「休め」というサインであることは間違いないです。身体的な休養だけでなく、精神的休養も必要ですよね。来週末にイエローシグナル点灯時の自分なりのリフレッシュ対策について少し書いてみることにします。