NW屋的新幹線通勤日記(3ヶ月限定名称)

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

情報処理安全確保支援士登録者は申請で情報セキュリティ監査人補になれるらしい

 こんばんは。情報処理安全確保支援士登録に関するお話の続きになります。今回はショートバージョンになります。<(_ _)>

 TwitterのTL上で「情報処理安全確保支援士特例制度として、情報セキュリティ監査人補になれる」という情報が流れてきました。以下は日本セキュリティ監査協会のページです。

www.jasa.jp

 情報処理安全確保支援士登録者は研修コーステキスト購入と、RISSトレーニングコース修了で情報セキュリティ監査人補の資格を取得出来るそうです。

 しかし、「監査人補」なんですよね。ここから実務経験を積んで、試験に合格すれば晴れて「監査人」になるんですよね。「実務経験をどうやって積むのか?」という問題はあります。そこで、協会は「2018年度以降、監査人補用コースを設けて実務経験に代える」という風に書かれています。

 しかし、トレーニングコースの受講料がなんと、86,400円(税込)だそうですよ。奥さん!

 これでどのようなメリットがあるのかをちょっと調べてみます。仕事斡旋してくれたりするのかしら?(笑)

 個人的には監査方面に進みたいというのがあるんですよね。並行して春のシステム監査技術者試験受験勉強中ですし。(^^;