NW屋的新幹線通勤日記(3ヶ月限定名称)

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

情報処理安全確保支援士集合講習空き枠残り僅かなようです

 こんばんは。先日、情報処理安全確保支援士今年度講習が修了したので、修了証が先日届きました。その関係もあって、今年度の講習がどうなったか気になったので、状況を確認してみました。

 以前、ひでさん(@deltaforceJP)のツイートで、残りの会場と空き具合に関する状況を知りました。2月21日以降は東京会場しかない状況でした。(2月17日時点)

f:id:amagasaki820:20180217220814p:plain

 直近で大阪会場2日程が追加されました。この状況で果たして残りの受講希望者全てが受講可能なのかは不明です。

 残り11日程中9日程が東京で、残り2日程が大阪になっています。東京・大阪周辺の方はいいのでしょうが、それ以外の地域の方々(の多く)にとっては、宿泊を伴う形になります。現状だと、東京も大阪も宿を確保するのが至難の業ではないかと推測されます。日程が合わないということもあるかもしれませんし、講習の予約が出来ても宿が確保出来ないという問題も発生しそうです。

 今回は昨年4月の時点で全講習日程の公開がなされていませんでした。と、初期時点では東京会場の日程しか公開されていませんでした。地域によっては地元で受講出来なかったケースもあったのだろうと推測されます。私の場合は大阪でしたので、日程選択の余地は比較的あったのですが、ほぼ決め打ちになってしまう地域もあるわけですね。

 となると、オンライン講習には早めに着手しないといけません。東京周辺の登録者が7割という偏りはやむを得ないのですが、居住地によって激しく不利な状況を強いられるのは問題があると思います。IPAには来年度以降の改善を強く望みます。