NW屋的新幹線通勤日記(3ヶ月限定名称)

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

NTTがDNSブロッキング実施を宣言したようです

 こんばんは。昨日からNTTのDNSブロッキング実施に関して、いろいろと物議を醸しているようです。こちらはNTTのニュースリリースです。

www.ntt.co.jp

 通信の秘密や表現の自由に大きく関わってくる問題だけに、児童ポルノブロッキング実施時にもかなり慎重な議論が時間をかけて行われました。それに対して、今回はあまりに拙速な印象があります。「賛否両論意見が渦巻いている現状で、法的整備もままならない状況でそこまでして急いで実行しないといけないのか?」という疑問が残ります。

 DNSブロッキングですから、特定のサイトだけフィルタリングするとしても、DNS over HTTPSや、DNS over TLSを使われたらお手上げでしょうね。ISPの提供するDNSキャッシュサーバでブロッキングしたとしても、8.8.8.8や8.8.4.4などを使われたら一緒でしょうし。一番怖いのは検閲行為ですから、そこに手を染めてしまったISPが政府に忖度してブロッキングしたものの、政府にはしごを外されるかもしれません。うーん、どうなんでしょうね。

 NTTグループDNSブロッキングしますというスタンスで公表しましたが、他のMNOはどうなのでしょうか。こちらはimpressの記事からです。

k-tai.watch.impress.co.jp

 この記事によると、KDDIは様子見のスタンスで、Softbankは慎重に考え、様々な角度から対策を検討して行くといった形でした。今回に関しては、Softbankのやり方に好感が持てます。前述ですが、通信の秘密や表現の自由に大きく関わってくるセンシティブな問題ですから、ここは今一度慎重な議論をお願いしたいところです。