NW屋的新幹線通勤日記(3ヶ月限定名称)

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

AirDropの設定は最低でも「連絡先」だけに

 こんばんは。今回はAirDropネタについて書いてみることにします。こちらはimpressの記事からです。

internet.watch.impress.co.jp

 以前から「AirDrop痴漢」が取りざたされていました。AirDropの設定を「全ての人」としているケースが少なくないようです。家族や友人・知人間でAirDropでファイル送受信していると、近くの他人のiPhoneiPadのリストが出てきたりするんですよね。しかも、デフォルトの設定のままになってるケース。本名がそのまま剥き出しになっているという…。

 本当に危ないです。「盗まれて困る情報はないから、別にセキュリティ対策はしなくても構わない」と考えていたら、それは間違いです。この事例のように、送り付けられるというケースもあります。デフォルト「受信しない」にしておいて、ファイル送受信時のみ「連絡先のみ」「全ての人」にする。送受信し終わったら「受信しない」にしておくのがベストです。

 因みに「設定」→「一般」→「AirDrop」で、「受信しない」になっているかどうかを確認しておきます。

 この記事では、「動物画像や面白画像を送り付ける愉快犯がいるようだが、罪に問われないかは不明だ」という風に締めています。「AirDrop設定を普段は『受信しない』に設定すして下さい!」という風に伝えたいのですが、「全ての人」にしている層はこの手の注意喚起記事は目にしないんですよね。こういう方々にこそ読んで欲しいのですが…。「「設定」→「一般」→「AirDrop」を確認して、「受信しない」に設定して下さい!」という注意喚起画像を送る人が出てきそうですねぇ。(^^;

 これはこれで問題なので、インスタに注意喚起画像を上げるのが効果的なんですかねぇ???