NW屋的日常徒然日記

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

ショートネタ三題

 こんばんは。昨日はお休みいただきました。<(_ _)> いろいろやりたいこと、やらないといけないこと、あれこれあるものの、時間は有限なので、なかなか全てこなしきれないという現実があります。(^^; このあたりの詳しいお話は後日してみたいと思います。

 さて、本日はタイトルにもありますように、ショートネタ三題でお送りします。書きたいことはあるんだけど、そこまでボリュームが出せないネタもあります。(まとめきれずに練り直して後日書き加えるケースもあります)そのようなネタを今回はお送りします。

【その1】漫画村DNSブロッキングは悪手だなと

 これは既にあちこちで語られてますので、改めて言及する余地がないですね。(^^;

 慶応大学の某N村I知哉先生が座長になって、DNSブロッキングを決めたということで激しく炎上してますね。「緊急避難的措置」というのも、「通信の秘密」という観点からも、他に方法があるんじゃないか的な観点からも、かなり強引な印象がありました。

 ちょうど、ねとらぼさんが広告主に凸電したことが功を奏したという報道がなされました。収入源=広告収入を絶つというのが現実解だという意見が多くなりましたね。この図式はテレビ局にクレームを入れるのではなく、スポンサーにクレームを入れるという図式そのままですね。

 それと、出版社側が統一プラットフォームを構築して、漫画村の仕組みをパクり返して、さらに便利なシステムを提供すればいいのではないかとも思いました。これもちょうどiTunes Storeと同じ理屈ですね。Appleも似たような考え方で浸透させましたよね。

 今回のDNSブロッキングが検閲強化→日本版金盾構築につながるんじゃないかという危惧も抱きました。その割に、当の出版社側に危機感があまり見て取れなかったのも気になりました。

【その2】PHSがついにサービス終了へ

 19日のYahoo!ニュースからです。一般向けPHSサービスが2020年7月に終了とのことです。

headlines.yahoo.co.jp

 2020年7月と言えば、東京オリンピックですね。この時期に合わせて終了ということは、リソースを5Gに全振りなのかな?などと考えています。

 さて、PHSと言えば、確か1995年にサービスインしたと記憶してます。(私の記憶が正しければ)当時はまだ携帯電話の基本料金・通話料が高かったので、おいそれと契約出来なかったという事情もあったのでしょう。しかし、携帯電話の基本料金。通話料値下げや、PHSのサービスエリアの狭さという点で苦戦しました。で、耐えきれずに撤退した事業者もあり、最終的には1社だけとなりました。そのSoftbankもいよいよ2年後にはサービス終了ということに。確かに儲からないというのはあるでしょうね。ふと気になったのが、「LINEはPHSで使えるのか?」という疑問があるんですが、どうなんでしょうね?

 2020年7月以降は、IoT特化ということでしょうか、機器監視用途に特化するそうです。この分野も携帯電話会社や、MVNOが狙っている領域ですから、どうなんでしょうねぇ…。

【その3】GWに向けてのお約束がIPAから

 毎年、GWやお盆や年末年始の長期休暇直前になると、IPAからアナウンスがありますね。こちらです。

scan.netsecurity.ne.jp

 もう風物詩と化してる感がありますね。(^^; 「長期休暇に備えてPCのセキュリティ対策はちゃんとしましょうね」というお話です。この記事を読んでいて、ふと連想したのが、2年前に起きた福井県池田町町議会事務局長のやらかしですね。過去記事で取り上げました。

 

karasuma-kitaoji.hatenablog.com

 ええ、ええ、本当に情けない限りです。こんなことのないように、きちんと対策しておきましょうというお話でした。

 

諸事情で今日はお休みになりそうです。<(_ _)>

 こんばんは。今日は想定外にバタバタしてまして、ブログを書く時間が取れなさそうです。2ヶ月ほど先の話になりますが、イベントの準備の話が急展開しそうな気配でもありまして、そちらの方に時間を割くことになりそうです。このあたりに関しても、追ってお話させていただきます。<(_ _)>

 

SMSの上位互換「+メッセージ」を大手3社がタッグを組んでリリース予定

 こんばんは。先日、docomoauSoftbankの3社が合同で記者会見がありました。3社合同というのはたいへん珍しい印象があります。今回はSMSの拡張版である「+メッセージ」を共同でリリースするという話題です。
 こちらはITmediaの記事からです。

www.itmedia.co.jp

 最大のメリットは、文字数が増えるということでしょうか。SMSですと70文字ぐらいだったかと思います。これが2730字に拡張されるようです。これで詰め込める情報量は飛躍的に向上します。さらに、画像や音声も添付可能なようです。グループメッセージやスタンプも使えるということのようです。

 これって、LINEともろ競合するんじゃないか?

 そうなんですよね。この記事を読んでいて、正面からバッティングすることが分かります。「さて、これで本当に勝算があるんだろうか?」という素朴な疑問が頭を過ります。既にLINEがここまで浸透している現状を考えると、今さら大きくひっくり返ることはないんだろうなと思います。よほど大きなメリットがないと乗り換えないでしょうね。

 ただ、これは個人ユースの話です。これが法人ユースとなると事情が変わってくるのではないでしょうか。「LINEを業務で使うのはちょっと…」と考えている向きもかなりあるようです。こういう法人需要を上手に取り込むことが出来れば、十分勝算はあるのではないかと見ています。

 さらに、ガラケーユーザもうまくシフトさせることが出来れば、一定数ユーザを確保出来るのでは?とも思います。

 それから、ここはあまり語られていませんが、MNPしても電話番号はそのまま持って行けるわけですから、キャリアメールを捨てる人も増えるのではないでしょうか。こういう方々がユーザになってくれれば強みにもなるんでしょうね。

 他にMVNOにも要望があれば提供して行くという話もあります。LINEの年齢認証が使えないという欠点がありますから、ここらへんをネックだと考えるユーザを上手に取り込めるかどうかもポイントなのでしょうね。

 結論ですが、既に浸透している個人ユーザを切り崩すことは厳しそうです。ここで諦めずに、その周囲にある潜在需要を上手く掘り起こすことが出来れば、案外いいところまで行くのかもしれません。

前橋市教育委員会での情報漏洩事件で明かされた驚愕の事実(!?)

 こんばんは。情報処理技術者試験ネタを後日書く予定でいますので、こちらも宜しくお願いします。

 今回は通常バージョンです。先日取り上げた前橋市教育委員会での情報漏洩事件に関する続報です。前回書いた記事がこちらです。

karasuma-kitaoji.hatenablog.com

karasuma-kitaoji.hatenablog.com

  先月末の時点では個人情報の漏洩はないという報道でしたが、その後45,000人の個人情報漏洩が起きたという風に伝えられました。

 その後、新たな問題が発覚しました。なんと、「セキュリティ対策を3年間行っていなかった」という事実が公表されました。3年間放置とは一体どういうことだったのか疑問が残ります。NHKの記事からです。

www3.nhk.or.jp

 見出しには書かれていませんが、後半部分に「セキュリティシステム3年以上更新せず」とあります。ここで言うところの「セキュリティシステム」とは一体何を指すのかが読み取れませんが、サーバのOSパッチなのか、ウイルス対策ソフトの定義ファイルのことを指すのが、ファイアウォールの設定がガバガバなまま使われていたのか、Webサーバのソフトウェアアップデートをしてないのか…このへんは不明です。

 この記事の中で、「サーバのセキュリティシステムは教育委員会が管理していましたが」とあります。前半部分に「システムを管理している委託業者」とありますが、この委託業者が全て管理しているわけではないのでしょうか。「平成27年9月にサーバの管理場所を変更した際」とありますが、ここから推測すると、単に物理的な管理のみしかしていなかったのではないかと推測しています。単に盗難防止対策しかしてなかったとしたら…。

 ここ最近、教育委員会関係の情報漏洩が目立つ印象があります。委託業者丸投げではなく、学校側にもプロを雇用しておく必要があるのではないかと思う昨今です。

2,3日中に通常モードに戻ります。

 こんばんは。昨日(日付が変わってますので、一昨日ですね)の情報処理技術者試験で完全に燃え尽きてしまってました。(^^; そんな状況にも関わらず、2時間ほど残業してきましたw その関係で、予告編になります。<(_ _)>

 先週一週間ぶち抜きで情報処理技術者試験直前ネタを書いていましたので、IT系ニュースネタに関して言及出来てませんでした。docomoauSoftbankの3社が共同で来月導入するというSMSの拡張版「+メッセージ」についてや、漫画村対策としてのDNSブロッキングについても少し言及出来ればと考えています。他にも情報漏洩事件もありましたので、そのあたりについても書いてみる予定です。

 話は戻りますが、一昨日の情報処理技術者試験受験後のブログ上反省会もしてみる予定でいます。午前2に関しても、思ったほど出来なかったことや、午後2論文についても次につなげるためにどうすればいいかという個人的分析もしてみます。受けっぱなしでは、次回同じ失敗をやらかす可能性がありますので、「やってしまった…」と思えることや、「こうしておけばよかった」と思えることを共有出来ればと画策しております。

 通常モードに戻るまで少々お待ち下さい。<(_ _)>

無事情報処理技術者試験を受け終えてきました

 こんばんは。今日(日付が変わったので「昨日」ですね(^^;)、情報処理技術者試験を受けてきました。受験区分はAU(システム監査)で、試験地は神戸を選択しました。午前1免除でしたので、少し余裕を持って家を出ることが出来ました。

 昨日(一昨日になってますね(^^;)の持ち物確認LTで弁当やおやつの準備も出来ていたので、割と手早く自宅を出ることが出来ました。小雨の中、試験会場まで向かいました。割と近かったので、時間的にも余裕がありました。

 試験会場近くの喫茶店でモーニングを食べながら、パラパラと問題集をめくりながら、TwitterのTLを追っていたりしました。いやぁ、他の方々の動向もきになりますしね。(^^;

 で、10:20頃に試験会場に到着しました。それにしても、AUは少ないんですよね…。同じ論文区分のPM(プロジェクトマネージャ)に比べて、1/3ぐらいでした。1教室でおつりがくるぐらいの受験者数でした。(他の試験地でもこんな感じなんでしょうか?)午前1から受験されている方々が数名おられ、既に着席されてました。(当然ですね)午前2試験開始を待っていたら、「SCの教室はこちらですか?」と聞いて来られる方がおられました。その時点で10:35。敷地内別の校舎であることを試験官に告げられ、慌てて会場に向かったようですが、無事間に合ったのかどうか気になっています。(彼に幸あれ…)

 さて、午前2の試験ですが、出題傾向が変わったような気がしました。他区分がどうなのかは分かりませんが、AUに関しては過去問の割合が少なかったことと、ネットワーク・情報セキュリティ系の問題が少なかったような印象です。(IPAからの公式発表があったので答え合わせしました。15/25というギリギリでした。マークミスはしてないはずですが…)

 午後1ですが、昨年と違って、初見では「あ、これは全滅か!?」と一瞬血の気が引きました。とりあえず出来そうな問題から手を付けることにして、まずは問3を選択しました。こちらは販売管理システムの監査でした。なんとか問題文を読むことで、本文中から答えを拾い出すことが出来ました。残り1問は問2を選択しました。こちらはデータ分析に関する出題で、問3同様に問題文から解答を導き出すことが出来ました。

 午後2は問2のリスク評価の結果を利用したシステム監査計画の策定を選択しました。問1がアジャイル型開発に関するシステム監査に関する問題だったので、そっ閉じして無条件に問2を選択しました。こちらもなんとか無理やりでっち上げてみました。2時間で最低2200字書くというハードルの高さ。文章を書くという点に限っては、普段ブログを書いていることで割と抵抗感なく書けましたが、手書きはつらかったです。(^^;

 試験が終わってからは完全に性根尽きましたね。(^^;

情報処理技術者試験直前ネタ(最終話) ~早起きあるのみ~

 こんばんは。日付が変わって昨日のインフラ勉強会ショートLT「情報処理技術者試験直前・午前0突破のための最終チェック」を無事終えてホッとしています。20分ジャストで収めたこともありますが、ダラダラしないようにということと、忘れ物がないかどうかの確認と、最後はリスナー(!?)の方々にリラックスしてもらえればというつもりで臨みました。私の方も忘れ物はないことを再確認出来ましたし、弁当・おやつも仕入れておきました。後は本番に臨むだけです。

 これでやるだけのことはやったのですから、あとは遅刻せずに無事試験会場に到着することでしょうか。試験開始2時間半ぐらい前には起床しておかないと、頭の回転が芳しくないという結果に陥ります。今晩は早く寝て、試験に備えようと思います。

 それでは、受験される皆さん一緒に頑張りましょう!