NW屋的新幹線通勤日記(3ヶ月限定名称)

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

今度は退職しないパターンが登場

 こんばんは。最近はNTT関係のエントリーが立て続けに登場しますねぇ。今回は退職編ではなく、在職編です。

b.hatena.ne.jp

 記事を読んだブログ主さんについての感想ですが、「どこにでもいそうな平均的な能力の持ち主」なんだろうなと想像しました。御本人が書かれているように「2番手グループに紛れ込んでいた3番手以下の男」というのが気になりました。平均値にいる人だと、2番手やトップグループに紛れ込むことは出来ません。以前のNTT研究所を退職された方とは違う優秀さを持っておられるのかなと推察しています。「紛れ込めることも立派な才能ですよ」と声を大にして言いたいです。ブログ主さんも決して卑下することなく、是非とも自信を持って下さい!

 読んでみて、「凡人にとってはとんでもなく恵まれた環境だな」と感じました。中にいると気づかないことも多いでしょう。どうしても不満の方が前に出てしまって、欠点ばかりに目が行きがちです。恵まれていることを理解した上で、とんでもなく恵まれている同僚を見ていたり、将来に対する不安などを考えるとどうなのかと…。

 これは分かります。実際に転職する/しないは別にして、自分の市場価値を確認する意味で転職活動をする。今までのエントリーで最も共感出来たエントリーでした。

 ブログ主さんに幸あれ!