NW屋的新幹線通勤日記(3ヶ月限定名称)

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

複雑なパスワードを作るためのmkpasswd(とpwgen)に関して少し。

 こんばんは。今日は時間的余裕がなかったもので、ショートバージョンになるかと思います。<(_ _)>

 パスワード管理ネタの続きになります。辞書攻撃を防ぐために、既存の単語を使ったり、簡単に推測可能な文字列を設定しないというような内容を書きました。「自分にとって意味はあるけど、他人にとっては全く無意味な文字列」を作るとしても、基となるネタにも限りがありますよね。

 そこで登場するのがmkpasswdです。御存知の方も多いと思いますし、Linux使いの方なら馴染みのあるコマンドだと思います。mkpasswdに関する各論や詳細については、後日書いてみようと思います。「Linuxなんて普段使わないよ!」という方も多いかと思います。そういう方々に向けて、Webベースで使えるmkpasswdがあります。こちらを御参照下さい。

オンラインmkpasswd (パスワードランダム生成)

 Linuxで使われるコマンドとオプションがGUIで表現されています。スマホしか持ってないという方は、このページを使ってパスワードを作成してみるのもありかと思います。

 Macですとmkpasswdはインストールされてないのは確認済だったのですが、pwgenもインストールされてないようですねぇ。パッケージorソースで取って来ないといけないようではあります。(後で手元のMacにインストールしてみようかと思います)

 Webベースで使う分には上記URLを参照していただければOKですが、実際にコマンドで使う場合について、後日少し書いてみたいと思います。少々お待ち下さい。<(_ _)>