NW屋的新幹線通勤日記(3ヶ月限定名称)

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

スマホ内のデータが勝手に中国のサーバに送られていたという事実

 こんばんは。今回はアメリカの携帯電話メーカーが販売している一部のスマホで、勝手に中国のサーバに送信されているという話題です。ITmediaからの記事です。

www.itmedia.co.jp

 以前も似たような話があったような気がします。ファームウェアに送信する機能が内蔵されていたという話ですね。同じITmediaからの記事です。

www.itmedia.co.jp

 ユーザの与り知らないところで無断で個人情報を吸い取られているというのは、たいへん気持ちが悪い代物です。このメーカーは「標準的な機能でプライバシーに関わる情報は収集していない」とは言いますが、問題は中国のサーバに集められた後、どうなっているのか?という点でしょうか。国側の検閲があるのかないのか、そのあたりに関して明言されていない点が不安を煽ります。そこらへんがこの企業側は理解していないのでしょう。「他社もやってるから問題ない」というのは、決して安全性を保証する回答にはなり得ていません。「とりあえずプライバシーポリシーに明示しておけばいいのか?」という話ではないでしょう。

 利用者側としては、電話番号やメールアドレスやLINEのIDなどの個人に関する情報が山ほど詰まっています。他にもプライベートな写真も詰まっています。位置情報や行動履歴なども含まれます。何が送信されているのか分からないというのは気分が良くないです。このあたりに関して適切に対処しない企業の端末は使わないようにするしかないのかもしれませんね…。