読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NW屋的日常徒然日記

ネットワークを専門にする元社内SEの日常とITネタ諸々を綴って行きます。

radikoタイムフリー機能が気に入ってます

 こんばんは。ラジオ関係ネタですが、radikoなので一応IT関係ネタに引っかかりますよね。(^^;;

 ということで、今回はradikoのタイムフリー機能についてです。

radiko.jp ですね。タイムフリー機能について案内されています。タイムフリー機能自体は以前から導入するというようなお話がありましたね。ようやく10/12(火)から実現しました。取り上げている記事がいくつかありましたので、貼っておきます。

【レビュー】ラジオの革命! 1週間さかのぼって聞ける、radiko“タイムフリー聴取”を試す - AV Watch

 こちらはimpressですね。以下はITmediaです。

www.itmedia.co.jp

 結構IT系ニュースサイトでは注目されているようです。12日の段階で過去1週間の番組が再生出来るようになってました。素晴らしい!(^_^)v

 タイムフリー機能自体はプレミアム会員でなくても使えます。(その場合は地元ラジオ局のみになります)「リアルタイムでなくても聴ける」というのは大きなメリットがありますよね。たとえば、オールナイトニッポンを夕方に聴くということも出来ますので、夜更かししなくてもいいというメリットがありますよね。ここだけならば、AM/FMチューナー内蔵ICレコーダーに録音しておけばいいですよね。当たり前ですが、ちゃんと予約しておかないとICレコーダーは録音してくれません。1週間以内であれば、いつでもネット環境があれば聴けるというメリットは大きいですよね。と、MicroSDカードの容量を気にする必要もありません。

 これでプレミアム会員になっておけば、エリアフリーで全国のラジオ局が聴けます。ということは、地理的制約からも時間的制約からも解放されるんですよね。私の場合ですが、CBCラジオの「北野誠のズバリ」や同時間帯の東海ラジオ「FINEDAYS」やニッポン放送「ザ・ボイス〜そこまで言うか〜」や「辛坊治郎ズーム・そこまで言うか」あたりを聴いたりします。「辛坊治郎ズーム」を除いて、平日昼間は聴けないことが多いです。これがクリアな音質で平日夜間や土日に聴けるというメリットがあります。

(仮に昼間聴ける状況でも電波では大阪から東京の局は受信出来ません)

 さらに、裏番組も聴けるようになるというメリットは大きいですよね。聴く番組は生放送が多いのですが、その時間にラジオが受信出来る環境か、ネットにつなげる環境にいないと聴けなかったのが、radikoのタイムフリー機能で1週間以内であれば(ネットに接続出来る環境があることは前提ですが)聴くことが出来るということは、とてつもなくメリットが大きいですよね。

 これでもっとラジオ聴取者人口が増えるといいなと思います。(^o^)